新規入線車両

KATO 683系4000番台の入線整備

入線から時間が経ってしまった683系4000番台の整備をします。
平日の夜か、休日のレイアウト製作の片付け後の時間を使って行っています。
先に0番台や旧塗装を整備し直した事もあり、後回しでしたね(笑)

KATO 683系4000番台 (2)

簡易パッケージの基本セットを、増結ケースに合わせて9両収納し直しました。
それでは整備開始です。

KATO 683系4000番台 (3)

最初は側面のシール貼りから。
行先は金沢一択です。寂しい・・・(^-^)

KATO 683系4000番台 (4)

お次はボディーと床下を分離して、それぞれスミ入れとウェザリングカラーでの色挿しです。
屋根上は碍子が白の別パーツとなっていたりするんですね。
各所色挿しを行っています。

パンタなどもいつものライトガンメタルに塗装しています。

KATO 683系4000番台 (5)

床下の感じです。
ウェザリングカラーのマルチブラックを入れて拭き取り乾燥後に、再度ステインブラウンで汚しています。

この辺は、0番台や旧塗色と合わせる感じで行っています。

KATO 683系4000番台 (6)

上回りは基本マルチブラックでスミ入れです。
ドアはいつものようにガンダムマーカーのスミ入れペングレーです。

KATO 683系4000番台 (7)

先頭車の右側、増結連結側は通常カプラーでしたが、12両にする事は無いだろうとダミーカプラーに交換してしまいました。
通常のカプラーを外して、ダミーを挿し込むだけなので、いつでも連結出来るように復帰は出来ます。

KATO 683系4000番台 (8)

はい、これで9両完成です。
0番台から4000番台、それに旧塗装。
サンダーバードは揃いましたね。
旧塗色との混結も自由になりました。


北陸本線というものが数年先に無くなりますから、最後の旧特急街道の華の列車。
大事にしていきたいと思います。

まだ7月入線分が残っているので、続いて掛かります(笑)

スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

  • nari-masa
  • URL
ヨンダバ

gaouさん こんにちは。
軽いウェザリングは良い感じですね。
加減が難しそうです。

ヨンダバ、最後の北陸線交直流特急車両になるのでしょうか?
北陸新幹線敦賀開業後でも京都~敦賀や米原~敦賀間にはリレー号が走りそうですが、もはや交流電車は不要になりますから。

FCIA指令2358
ゴハチですね。
C58リニューアル製品が欲しいところです。

  • gaou
  • URL
Re: ヨンダバ

nari-masaさん、こんにちはです。

ウェザリングカラーは簡単なので、シャバシャバ塗って拭き取れば、それなりに仕上がってくれます(笑)
スミ入れより拭き取りを甘くすると、こんな感じになります。

北陸交直流特急もこれが最後ですね。
西九州新幹線のように敦賀までリレー号で走る可能性はありますが、あそこで乗換えは金沢以上に不便になりますね。どのルートで通すのか興味がありませんが、新幹線要るんでしょうかね???

C58はリニュされると思うんですが、今のKATOさんの今後が見えにくいですね~。C55も本来はKATOが先にやるべき機ですしね。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する