レイアウト製作 第2本線 (複線電化)

トンネル群付近の架線柱製作

トンネル内の架線受けも設置出来たので、今度は丸見えになる方の架線柱を作って行きます。

第2本線・地鉄線 (49)-1

まずは本線連絡線のトンネル前に設置する単線架線柱です。

トンネル内に向かって緩くカーブしているので、ここに架線柱が必要だったのです。
故にトンネル内の架線受けは簡易化していました。

第2本線・地鉄線 (49)-2

この架線柱があるおかげで、トンネル内の架線受けが目立ちにくいようになります。
今はライナーの向こうが明るいので、簡易なバーが見えますが、それでも分かりにくくなっています。

次は連結面側に立つ架線柱ですね。

第2本線・地鉄線 (49)-3

最初は私鉄線側の架線柱から製作しました。
右のものを切り継ぎした左のものを作ってみました。

私鉄線の架線柱には、今まで1.5mmのアングルを使ってきましたが、少し太目な感が否めないので、少しアレンジの意味でこの切り継ぎを試してみました。

まぁまぁの雰囲気なので、これで行ってみる事にします。

第2本線・地鉄線 (49)-4

対岸のモジュール用にも同じものがいるので、ついでにふたつ作っておきます。

第2本線・地鉄線 (49)-5

0.3mm真鍮線でブラケットも作って、これで形はOKです。

本線側も行ってみましょう。

第2本線・地鉄線 (49)-6

カーブ中間駅でやってきた方法と同じで組み合わせます。
KATOワイド架線柱の柱端、ビーム部はTOMIX3線架線柱、これらを接合部0.3mm真鍮線でつないで一体化しています。

第2本線・地鉄線 (49)-7

0.5mm厚の渡しや、饋電線の碍子を取り付けて、ブラケットの取付になる0.3mmの真鍮線を碍子間に設置して、形は完成しました。

これで3つの架線柱が出来上がりました。

本線連絡線のトンネル前は高さの確認のため、先に設置をしましたので、接続面側の架線柱の現場セットを次回してみましょう。

スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する